憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

さよなら“ジプシーさん”....多摩動物公園

ニュース

さよなら“ジプシーさん”....多摩動物公園
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸



10月27日

「私はあなたに救われました。もういないけど、みんなの中にも、私の中にも生きてますよね。これからもずっと…」
愛する人への痛切な別れの言葉?? 誰もがそう思いそうなこのメッセージ、実は1頭のオランウータンに贈られた言葉です。9月27日、東京・日野市の多摩動物公園で、世界最高齢(推定62歳)と言われるメスのオランウータン、「ジプシー」が息を引き取りました。園内の献花台に訪れた人たちに話を聞くと驚きのエピソードばかり。なぜそこまで愛されたのか、その理由がわかってきました。
(首都圏放送センターディレクター 梁取祐紀)

出典 http://www3.nhk.or.jp

動物園の人気“おばあちゃん”

「いまはもう悲しくて悲しくてどうしようもない」。「涙が止まりません。本当に大好きでした…」
多摩動物公園の人気者だった、雌のオランウータン、ジプシー。息を引き取ったことが伝えられると、ネット上には数多くのメッセージが書き込まれました。

死因は急性心不全。推定62歳でボルネオオランウータンでは、世界最高齢と言われていました。

なぜ、1頭のオランウータンの死がここまで惜しまれているのか。園内に献花台が設けられたと聞き、まずは現場に行くしかないと、私はビデオカメラを持って、多摩動物公園に向かいました。
驚いたのは、献花台に集まった人の数。子どもからお年寄りまで、たくさんの人が別れを惜しんでいました。

「いつかこういう日が来ると思ってはいたんですけど、とても寂しいです…」

人の気持ちがわかる“ジプシー”

その中に、熱烈なファンの1人、橋本勝さんもいました。10年以上前から動物園に通い始めた橋本さん。訪れた回数は1200回以上。写真が趣味で、ジプシーのさまざまな姿を撮り続けてきました。

「ジプシーはちょっと特別なところがあるんですよ。人間の気持ちがわかる。ジプシーと呼ぶと反応してくれてあいさつもしてくれる」。
ジプシーは何かを渡されると常に期待以上のポーズを取ってくれたといいます。

「自分のことが書かれた本を読んでいるところを撮りたいと思うと、ちゃんと表紙が見えるようにしてくれる」。「還暦の時に赤いちゃんちゃんこを渡されると、ちゃんとおしゃれに着てくれる」
「オランウータンとしては別格。昔の長嶋茂雄みたいなもんですよ。ここでホームランをっていうときに打つでしょ」





今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!